トリコモナスを完治させるには薬物療法が一番

医療

治療薬を正しく使用

医療

トリコモナスは、原虫の一種トリコモナスが性行為などを通じて体内に侵入することで発症します。男性の場合は自覚症状が無いことも多く、コンドームを使用しない性行為などでパートナーに感染させてしまうことがあります。女性がトリコモナスに感染すると、膣から尿道や膀胱、子宮頸管などに感染が広がっていきます。女性の場合も無症状のケースがあり、症状が現れる時はおりものの量やにおい、色などに変化が見られます。治療薬には抗トリコモナス剤の「フラジール」を用いるのが一般的です。他にも膣錠や軟膏を併用して治療を進めていきます。性感染症では似たような異常が現れることが多く、検査をせずにトリコモナスと決めつけて治療薬を服用しないよう注意しましょう。

トリコモナスの治療薬は市販されておらず、基本的にはクリニックで検査と診察を受け、処方薬を購入する流れになります。性感染症は検査や治療に抵抗を感じる人も少なくありませんが、早めに治療を行わないとパートナーなどに感染を広げてしまうほか、症状が重症化する可能性もあります。治療は抗トリコモナス剤を1日2回、1週間から2週間程度服用します。女性の場合は膣錠の挿入も1週間程度継続するのが一般的です。一定の期間治療を続けたあとに再検査を行い、完全にトリコモナスが死滅したことが確認できれば、治療は完了となります。治療薬は代行業者などを利用して購入することもできますが、副作用が現れた場合など、全て自己責任で服用する必要があります。

感染に対する意識

サプリメント

トリコモナスは性感染症であることから、感染しないよう充分に気をつける必要があります。しかし、トリコモナスは性行為だけではなく、水回りからの感染もあります。少しでも異変を感じたら迅速に医師に相談しましょう。

Read More...

早期診断を心がけよう

サプリメント

トリコモナスに感染していると感じたら早期診断を心がけましょう。検査や治療に早い段階で取り組むことができれば、それだけ完治も早まります。放置してどんどん悪化させることだけは避けるようにしましょう。

Read More...

感染経路に注意

サプリメント

性感染症は基本的に性行為を感染経路としますが、トリコモナスは水回りからも感染します。そのため、性行為をしたことがない人でも感染する危険があります。すぐに症状が出ないことから無自覚であることも多いというのも要注意です。

Read More...

Copyright ©2016 トリコモナスを完治させるには薬物療法が一番 All Rights Reserved.

This template downloaded from: Freewebtemplates.com